FC2ブログ

100日間 毎日カレーを作って食べるブログ

カレーが大好きなので、毎日カレーを作ります!!
ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-)

9皿目 マグロ血合いの竜田揚げカレー 

今日のカレーは

「マグロ血合いの竜田揚げカレー」です。

血合いは魚の赤身肉(生物学的には赤色筋繊維)。
マグロの血合いは「捨てるところ」という扱いをされることも多く、スーパーや魚屋さんでは格安で売られています。自分の近所では500gくらいで100円くらいが相場です。安い…!
独特のの臭みが人を選ぶのだと思いますが、調理の仕方次第で色々に楽しめる食材です。

今回は、このマグロの血合いを竜田揚げにし、生タマネギの風味をつけたカレーに合わせました。
竜田揚げにした血合いはモッチリとして、他の魚や肉では味わえない食感。そして臭みけしに関してカレーの右にでる食材はそうはありません。さらに薬味の生タマネギは、全体を爽やかな味わいに仕上げてくれました。
これまで血合いを敬遠されてきた方にも是非一度試してもらいたい味です。

マグロの血合の竜田揚げ02

■材料 (1.5人分)
・タマネギ 1個+生食用に適量
・ニンジン 1/3本
・ニンニク 1~2片
・鷹の爪 1本
・ショウガ
・マグロの血合 食べたいだけ
・ローレル 1枚
・クミン(ホール) 適量
・タイム(ホール) 適量
・その他、お好みの香辛料(市販のカレーパウダーでok) 適量
・醤油
・片栗粉

■作り方
1. 血合いを食べやすい大きさに切り、カレーパウダー、すり下ろしたショウガを加えた醤油につけておく(*1)。
切ったダシ用昆布や昆布顆粒を加えると一層美味しく仕上がります。

2. タマネギを濃い飴色になるまで炒める。
タマネギが9割がた済んだところで、
鷹の爪、すりおろしたニンジン、みじん切りにしたニンニクを加えさらに炒める。
さらにクミン、タイムを加え、香りが立つまで炒める。

3. 2に水とローレルを加え一煮立ちさせた後、弱火にして煮込む。
塩、胡椒、お好みの香辛料で味を整える。(*2)

4. 1の血合いに片栗粉をまぶし、180℃の油で揚げる。(*3)

5. タマネギをみじん切りにし、水にさらさずそのまま3のスープに投入する。
生タマネギの量はスープの体積に対して、半分から等量が目安。
味見をして必要ならスパイス、塩を追加する。

6. ご飯に、竜田揚げを盛り付け、その上からカレーソースを乗せる。
お好みでタルタルソースを添えても。

*1
30分つけておけば十分です。なお、短時間のつけ置きなので冷蔵庫ではなく、室温で。魚の身の中が冷たいと、揚げる際に時間がかかり、焦げやムラの原因になります。
また長時間つけておくとは塩辛くなりすぎるため、予めつけ置きしておきたい場合は沸かした料理酒などで醤油を薄めることをおすすめします。

*2
最後に生タマネギを加えるので、水は少なめに、味付けは濃いめに。
また、あまり水分が多すぎると竜田揚げの上に乗せづらくなりますし、生タマネギのザクザクとした食感も楽しめなくなります。
味付けには、シナモンとコリアンダーをほんの少しだけ多めに入れるのがオススメです。

*3
魚は火が通りやすいので、表面にキレイな焼き色がついたら、油から出してもだいたい大丈夫です。
あとは余熱で中まで火が通ります。
ただし、冷蔵庫から出したばかりの冷たい状態ではそうはいかないので、*1の通り室温にもどしてから。
EDIT[2010/06/12 19:24] カレーComment:0
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤崎五十

Author:藤崎五十
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ランキング
よろしければ応援お願いいたします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。